19日文名著读后感

2020-04-02 12:50:57 字数 627 阅读 9177

忠犬ハチ公に関する感想

忠犬ハチ公は真実なことにした映画だ。それは犬と主人にかかわる物語で、大勢の人に感動させている。忠犬ハチ公とは,主人が死亡した後で東京渋谷駅の前で待ち続けたということで知られる犬だ。

ハチ公は秋田犬で、名前はハチだ。

ハチの主人は東京都渋谷区に住んでいた大学教授上野英三郎であった。彼は犬が大好だ、每度出かけるときには渋谷駅までハチを伴うことも多飼った第二年にあたる1925年に上野は急死した。上野の死後も渋谷駅前で毎日飼い主の帰りを待ち続けたハチの姿は見られた。

ハチ公は教授の通勤時間どおりに駅で待っていた。最後の車までに待ってから返した。雨が降っても雪が降っても、每日每日待ちことがした。

最後に,犬も死亡した。あとで,ハチ公のことは新聞記事として绍介され,「忠犬ハチ公」と呼渋谷駅前にハチの銅像が設置されており,「忠犬ハチ公」は渋谷p>

映画を見た後で、涙が止まらなかった。私は犬を飼ったことがある。以前,常に犬と一绪に遊んでいた。

さらに、每度授業が终わった後で犬と一绪に家へ帰った。いろいろな记憶がある。一方、犬の寿命が短い。

犬は飼い主を自分の全部として生活している。見た後で、私はとても感動された。天堂で犬は楽しく生活してほしい。

日本語科2年一組

***段奥曼

教育名著读后感

教人幸福的生活》感悟 根据学校安排新的读书任务,我在学校借阅了《教人幸福地生活》一书,刚题目时我的理解是这本书是写了一些如何让人生活的快乐 幸福的书,在接下来的阅读中才发现这种理解是错误的,这本书是从教育的角度出发写了如何在教授学生知识的过程中让学生和自己感受到幸福。 本书作者刘畅,美国教育管理硕士...

名著读后感《人生》

路遥的故事很平凡,但平凡的背后是贴近读者的心理体验。书中有句话特别好 人生的道路虽然漫长,但紧要处常常只有几步,特别是当人年轻的时候。 其实我们时时刻刻都在做选择。得空时是学习还是玩耍?当我读一本书时,收到了朋友的热情邀请。你是想马上把书合上去赴约,还是坚持看完后去赴约? 人生的路需要我们好好地走,...

世界名著读后感

1 读《童年》有感 高尔基的《童年》举世闻名。在一个很平凡的星期天下午,我翻开了它。情绪也随着书上一行行黑色的宋体字忽起忽落 主人公阿廖沙痛苦的童年生活打动着我 四岁丧父,跟随悲痛欲绝的母亲和慈祥的外祖母到专横的 濒临破产的小染坊主外祖父家,却经常挨暴戾的外祖父的毒打。但善良的外祖母处处护着他。 在...